茨城町立図書館 サイトマップ

ホーム > おすすめの本

 

おすすめの本

 

今回のテーマ「ごめんね。いえたよ!の本

くれよんのくろくん

著者 なかやみわ/作
なかやみわ/絵
出版社 童心社
内容  くれよんのなかまたちははこをとびだして、まっしろながようしにえをかきはじめます。 きいろいちょうちょに、ピンクのはな、みどりのはっぱ。 だけどくろくんだけは、なかまにいれてもらえません。 さあどうする?
おすすめポイント  なかまにいれてもらえないくろくんに、シャープペンのおにいさんがひさくをさずけます。 クレヨンでえをかくのが、ますますたのしくなるえほんです。

このページの先頭へ▲

こぐまくん、ないしょだよ

著者 ふくだじゅんこ/作
ふくだじゅんこ/絵
出版社 大日本図書
内容  ねこくんはおねえちゃんのおにんぎょうを、きつねくんとひっぱりあってやぶいてしまいました。 いっしょにあそんでいたこぐまくんは、ふたりから「ないしょにしてね」とたのまれて、、、。
おすすめポイント  ないしょのおかげで、こぐまくんはなにもたのしめません。 こぐまくんのようすにきづいたおかあさんは、そおっとてをさしのべてくれました。

このページの先頭へ▲

ごめんねともだち

著者 内田麟太郎/作
降矢なな/絵
出版社 偕成社
内容  オオカミは何をしても負けてしまいます。 そしてそれをまわりのキツネのせいにします。 キツネはくやしくてたまりません。 しかし自分がわるいとしったとき、、、。
おすすめポイント  わるいとわかっていても、なかなか言えないごめんねのことば。 でもいえてスッキリしたときのきぶんは、なににもかえがたいものです。ともだちには、このことばをたいせつにすることから、、。 

このページの先頭へ▲

たったさんびきだけのいけ

著者 宇治勲/作
宇治勲/絵
出版社 PHP研究所
内容  ちいさないけに、カメとおたまじゃくしとさかなのさんびきがすんでいました。 ところがおたまじゃくしは、だんだんカメやさかなをなかまはずれにしはじめて、、、。
おすすめポイント  たったさんびきだけだから、ときにはいじめがあったりするけれど、だからこそたすけあえることもあるんだね。 カエルになったおたまじゃくしが、ひでりからカメとさかなをたすけようとするすがたに、おうえんしたくなります。

このページの先頭へ▲

となりのせきのますだくん

著者 武田美穂/作
武田美穂/絵
出版社 ポプラ社
内容  しょうがっこうににゅうがくして、さいしょにとなりのせきになった「ますだくん」。 いつもわたしをいじめるから、がっこうへいくのがいや、、でもあるひ、、。
おすすめポイント いつもいじめるますだくんは、いじわるなかいじゅうにしかみえなかったけど、、「ごめんよ。」のひとことでにんげんになってる!

このページの先頭へ▲

これまでの「おすすめの本」

このページの先頭へ▲

茨城町立図書館の住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスです
茨城町立図書館
〒311-3131 茨城県 東茨城郡 茨城町 小堤 1037-1
茨城町総合福祉センター 「ゆうゆう館」内
TEL: 029-240-7131 / FAX: 029-240-7132
mail: lib@t-ibaraki.jp