茨城町立図書館 サイトマップ

ホーム > おすすめの本

 

おすすめの本

 

今回のテーマ「しぜんからのおくりもの の本

おおはくちょうのそら

著者 手島圭三郎/作
手島圭三郎/絵
出版社 リブリオ出版
内容  病気で空を飛ぶことができない子供のために、北の国に帰る時期を遅らせていた、おおはくちょうの家族。 しかし旅立ちの日が近づいてきます。 おおはくちょうの家族の悲しくもやさしいものがたり。
おすすめポイント  子どもに死を伝えるとき、ぜひ読みたい本です。

このページの先頭へ▲

おつきさまはよるなにをしているの?

著者 アンネ・エルボー/作
アンネ・エルボー/絵
出版社 ひくまの出版
内容  お月さまは、夜になると、空にたくさんの星を描きます。 森や野原に、静かなベールをかぶせ、町のうるさい音を追い出し、やさしい夢を作ります。
おすすめポイント  わたしたちが、なにげなくむかえているよる。 お月さまが、夢や静けさを連れてきてくれるのかな…とロマンチックな気持ちにさせてくれます。

このページの先頭へ▲

ピンクとスノーじいさん

著者 村上康成/作
村上康成/絵
出版社 ベネッセ
内容  ヤマメのピンクがむかえる、初めての冬。 それは、動物も魚も、おなかを空かせる厳しい冬だった。 イタチにおそわれたピンクは…
おすすめポイント  自然界の厳しさを教えてくれる物語です。 そして厳しさを乗り越えてこそあじわう歓びも、感じることができます。 

このページの先頭へ▲

ふようどのふよこちゃん

著者 飯野和好/作
飯野和好/絵
出版社 理論社
内容  ふようどのふよこちゃんは、六人の大かぞく。 お母さんのまあるいひざの上で揺すられながら、おはなしをきくのがだいすきです。
おすすめポイント  「わたしたちふようどは、かわらぬくらしをしているけれど、ひとのくらしはずいぶんかわるのねえ」 しぜんはかわらないのに、しぜんのすがたをかえていくのは、ひとなのでしょうか?

このページの先頭へ▲

山のごちそうどんぐりの木

著者 ゆのきょうこ/作
川上和生/絵
出版社 理論社
内容  コナラの木はたくさんのどうぶつたちに“ごちそう”をしました。 そしてコナラもどうぶつたちから、“おかえし”をもらいました。
おすすめポイント  きせつをとおして、おおきくなっていくどんぐりの木は、もりのどうぶつたちと、おなじかぞくのようです。

このページの先頭へ▲

これまでの「おすすめの本」

このページの先頭へ▲

茨城町立図書館の住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスです
茨城町立図書館
〒311-3131 茨城県 東茨城郡 茨城町 小堤 1037-1
茨城町総合福祉センター 「ゆうゆう館」内
TEL: 029-240-7131 / FAX: 029-240-7132
mail: lib@t-ibaraki.jp